スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

レシピは・・・無い 

 
 
 
 
ビール煮豚のレシピをお尋ね頂きましたが・・・
 
 
レシピなんてありません!
 
 
つか、分量をキチッと考えた事なんてないのよ 

テキトー、味見してOKだったらそれがベストの分量だと思っている
 
でも、それだと愛想なさ過ぎですよね
 
 
 
 

 
 
 
◎まずは豚もも肉を縛る、ギューギューに、遠慮はいらない
 
◎次にその豚肉をフライパンで焼く、全面に焼き色が付くまで焼く

◎鍋に豚の塊がヒタヒタになるくらいのビールを入れる
 余ったぶんは飲むが宜しい
 
◎砂糖・醤油を加えお好みの味、+α で味付け、酢少々を加える
 ビールを使っているのでみりんは入れません
 
◎熱々の豚の塊を鍋に入れる
 
◎ひたすら煮込む
 
◎40~50分煮込んでから火を止め鍋ごと完全に冷ます

◎少量の煮汁を煮詰めて切り分けた豚にかける
 白髪ねぎ・針生姜・練りからし等お好みで添えるとパラダイス
 

もも肉だとサッパリとしたヘルシーな煮豚になります。
勿論、バラ肉(三枚肉)でも超美味しいのですが、その場合は、フライパンで焼き色をつけた段階で一度油抜きをする事をお薦めします。
 (フライパンにお湯を注いで煮立たせると余分な油が抜けます)
コーラ・オレンジジュースでも味付けを工夫するととても美味しい煮込みが出来ます。 でも、ソッチは鶏肉に使う事が多いかな?
牛肉には赤ワイン煮が絶対お薦め。

私の場合は煮豚・チャーシューはモモで、角煮はバラ肉で作っています。
味付けはしっかり目にして下さい。
そこさえ抑えておけば落し蓋をして煮込むだけで手間いらずです。
ビール(ワイン)煮の良いところは、煮込んでも肉が硬くなったりパサパサにならない事。
同様に煮魚も日本酒しか使いません。
飲兵衛は酒を最大限に生かすことが使命だと思っているのです。

生ビールにも熱燗にも合います、絶対です!
 
 
 

 
[ 2008/08/30 15:09 ] |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。