スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

人呼んで 『 長寿医療制度 』 と発します 

 
 
 
 後期高齢者医療制度についての厚生労働省保険局からの書簡に以下の一文があります。


 当該制度を高齢者の方をはじめ国民の方々に1日も早く御理解いたたぎ円滑に実施するため、当該制度の名称を工夫するとともに、厚生労働省と総務省が中心になって取り組むよう御指示がありました。
 これを受け、身近で親しみやすい 「 通称 」 として、この制度を 「 長寿医療制度 」 と呼ぶこととするとともに・・・《以下略》



 なんなんでしょうねぇ~。
 最初っからそう呼べばよかったんじゃないの?
 後期高齢者ってのはイマイチだったって事なのよ。
 要するに 「 車寅次郎 」 の通称(愛称)が 「フーテンの寅 」 ってのと同レベルなのよね。
 しかし、国民に愛される映画と、国民に受け入れられない制度ではその差は歴然。
 頑張ってくださいよ、お偉いさん。
 

 
   【 とある医療機関における患者と職員の会話 】
 
    患者 : 「今度の何とかって言うの難しいねぇ」
    職員 : 「何とか?」
    患者 : 「ほら、あの、末期高齢者何とかって」
    職員 : 「・・・・・・・・」


 惜しい! かなり近い・・・でも・・・笑えねぇ~よぉ~ (-_-;)


 市民健康診断でも、高齢者に対しての検査項目が極端に削られている。
 全ての人に優しい医療は、いまや幻想でしかないのかもしれない。
 
 
 
 
 
[ 2008/04/30 23:41 ] 日記 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。