スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

蜘蛛女のキス② @ 東京芸術劇場・中ホール 

 
 
 プレビューから約一週間
 
 再びあの幻想の世界に触れることが出来た
 
  
 

 
 

≪主な出演者≫
 
Luis Alberto Molina石井 一孝
Aurora / Spider Woman朝海ひかる
Valentin Arregui Paz浦井 健治
≪敬称略≫




 

 本日は会総見。
 お席は2階A席の どセンター。
 これがまたとても見易いお席で万々歳!
 周囲が全て朝海さんファンの皆さんなのも心強い。
 何の気兼ねもなく、大好きな蜘蛛女様だけを追い続けることが出来る。
 だって・・・愛してるんだもん!
 
 ・・・話が終っちゃうな。
 
 どセンターのお席って幸せだぁ~。
 出演者の皆様の視線を独り占めしちゃってる気分になる。
 お隣も、そのまたお隣も朝海さんファン・・・オペラグラスを上げるのも、爆裂拍手のタイミングもピッタリ・・・何だかとっても気持ちがいいぞ。
 シャイな私(文句ある?)にも、お知り合いができ朝海さん談義に花が咲く。
 2008年の舞台の予定が増えたものだから、チケットを如何にゲットするかを真剣に討議し、役割分担まで決める始末。
 それも愛故の事。
 笑わないでいてやって下さい。
 
 さて、舞台はと言えば、プレビューの際の緊張も良い意味で解れたのか、伸び伸びと歌い踊る朝海さんにメロメロっす!
 やっぱり蜘蛛を演じさせたら日本一っすよ!
 そして、最後に総見席に向かって投げキス。
 その瞬間に、周囲には 『かわいぃ~ぃ!』 の声が溢れた。
 あぁ~ん、もぉ! 貴女は本当に罪なお方ですよぉ~。
 
 
 
 
 
[ 2007/11/07 23:31 ] 観劇記録 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。