スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック 


 本日は、1月25日逸翁デー。
 大劇場ではイベントも行われていたようですが、私は日比谷へ・・・勿論、小林先生への敬意を表して&朝海さんの退団記念パネルをお迎えに行く大切な目的もあったのですが(^^ゞ

primarycolors.jpg

 それに、先日の『蜘蛛女のキス』と↑のチラシも頂けましたし、個人的は大変嬉しい日であったわけです。

 肝心の舞台の感想は、なんとも面白いお話でありました。
 宙組トップの貴城けいさん&紫城るいさんのサヨナラ公演。
 それぞれの皆さんの思いを乗せて、テンポ良く展開される物語には本当に楽しませていただきました。
 細部にググッと踏み入れば、『?』な部分もございましたが、(史実とは少々・・・ねぇ) そんな事をいちいち気にしていては、宝塚は楽しめないのさぁ~♪



 だって、最初っから坂本竜馬ですもの。
 ご本人は生涯、『龍馬』の字を使い続けたとか・・・司馬遼太郎の小説は竜馬だけどね。

 さてさて、本題に入りましょうか。
 貴城さんは実に伸びやかな美しさで、奔放な竜馬を演じて下さいました。
 このところ朝海さんご出演のDVDを鑑賞し続けている私にとっては、無くてはならない方のお一人。 その貴城さんの大劇場お披露目にして、サヨナラ公演・・・正直、寂し過ぎます。
 宝塚のファンの皆さんはどう感じられるのか不明ですが、退団(卒業)を、おめでとうございますと手放しで喜んで差し上げられない私は、まだまだトーシローなんでしょうね(T_T)

 その貴城さん、様々なレビューでのコスプレの美しさはピカイチでしたが、竜馬の髪型もお美しい。 そうなんです、貴城さんは『美しい』と言う形容がピッタリの方だったのです。 歌も伸びのある綺麗な高音と、低音部分の甘い響きが素敵でした。
 そして、なんと申しましょうか・・・竜馬の何物にも囚われない自由奔放な生き方が、妙にお似合いになる・・・それは、ショーでも常に『お一人』で見せ場を作られているイメージの通りで、近寄り難いほどの美しさのせいなのでしょうか?
 目を細めるようにようにして微笑まれる表情は、本当に魅力的ですね。
 ストーリーは笑いあり、しんみりさせられる部分もありで、飽きさせない工夫がなされているのは好印象。
 日舞のシーンなどは流石に宝塚、付け焼刃ではこうはいかないでしょうね。
 澄み渡った空の色のお着物は、自由に生きた竜馬の生き様の如く、清冽な印象を与えてくれます。
 唯一ビックリだったのは、お顔の雰囲気からは想像できなかった、紫城さんのお声でしょうか・・・。



 続いての『ザ・クラシック』
 I LOVE CHOPIN の副題の通り、ショパンの曲をモチーフにした作品なのですが、開演前にお隣のご婦人方の会話にビックリ!

  女性Ⅰ「ねえ、これが主人公の名前?」
  女性Ⅱ「そうでしょうね。」
  女性Ⅰ「ふぅ~ん、チョピンって変な名前よね。」
 

 ・・・・・え゛~ぇ!! チョ・チョピンって誰?


 韓国のお方ですか?
 無理無理に読めば読め無い事も無いけれど、そんなゲームのキャラクター(それも脇役っぽい)みたいな名前のレヴュー作ってどうするんですか?
 もうその段階で、私の中では何かが終わってしまった。
 何を観ても、何を聴いても、頭の中に渦巻く『チョピン』の文字を消す事は出来ません。
 もっとも、それが無かったとしても、私の様なお馬鹿系の人間にはこのレビューは理解しにくかった・・・何が仰りたいのかを掴めないまま、気がついたら大階段が出ていた・・・そんな印象です。
 どうしよう、ココまで頭の中を『?』のマークだけで埋め尽くした舞台は初めてなのですよ。 私って相当頭が悪いのかなぁ~、悩むなぁ~・・・。





<メインキャスト>

   坂本竜馬/貴城けい
   お竜/紫城るい
   中岡慎太郎/大和悠河
   勝海舟/立ともみ
   お登勢/邦なつき
   中浜万次郎/美郷真也
   西郷隆盛/寿つかさ
   徳川慶喜/蘭寿とむ
   武市半平太/悠末ひろ
   桂小五郎/北翔海莉
   お蝶/美羽あさひ
   千葉佐那子/和音美桜
           (敬称略)

[ 2007/01/25 21:27 ] 観劇記録 |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jelliclecat.blog87.fc2.com/tb.php/18-14358bcc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。