スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

昼下がりのINTERMEZZO  

 
 
 腹の皮が突っ張ると目の皮が緩む
 
 ・・・ってのは、セオリーだと思うわけですよ、はい。
 
 

 
 
 私の職場では、午前と午後の診療の合間に手術を行う事になっている。
 勿論、毎日ではないし、介助に入るのは順番。
 うちのドクターは器材の準備が整ってさえいれば、ズンズン手術を進めてくれるので、私達は楽チン。
 術衣に着替えることも、手洗いも必要なし。
 ドクター2人で相談しながら、いつもの様にサクサク・・・。
 患者さんの緊張を和らげる為にCDを用意しているのですが、この日は色々な間奏曲だけを集めた変り種のCDでした。
 時は13時40分、食後に介助にはいっている私は手持ち無沙汰。
 BGMはカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲。
 マスカーニの出世作でもあるこの歌劇、ドロドロとした痴情の縺れを扱ったものなのに、間奏曲はなんとも心地良い。

 ・・・・はっ! ヤバイ!

 手術室で居眠りって洒落にならないってば!!
 慌ててCDを取り替えた。
 しかし、少々選曲を間違えた。
 手術室に高らかに鳴り響く レ・トレアドール
 そう、ビゼーのカルメンなどをチョイスしてしまいました。
 患者さんには、「あっ、この曲知ってます。」 と受けが良かったので結果オーライですが、ドクターは怪訝な顔をしていた。
 まっ、良いか!!
 オイラは職務に忠実なのさ、ふふふっ。
 
 
 
[ 2007/09/26 21:29 ] 日記 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。