スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

レ・ミゼラブル 2007/6/17・ソワレ 

 
 
 レ・ミゼラブル2回目観てまいりました

 今回は念願の山口さんバルジャンです

 一年越しの恋が実るかのようなドキドキ気分

 はてさて、どうなりましたか・・・・・
 
 
 

 
 
 ≪本日のプリンシパルキャスト≫
 
ジャン・バルジャン山口祐一郎
ジャベール石川 禅
エポニーヌ笹本玲奈
ファンティーヌ岩崎宏美
コゼット菊池美香
マリウス山崎育三郎
テナルディエ三谷六九
テナルディエの妻瀬戸内美八
アンジョルラス岸 祐二
(敬称略)





 
 
 疲れているのです。

 この歳になって、木・金曜日に続いて週三回の観劇は辛い!!
 しかし、山口さんバルジャンとなれば這ってでも出掛けねばなりません。 それに今回は、とあるご出演者の関係の方にお心遣い頂いて入手した大切なチケット。 無駄にする事は許されないのですよ。

 
 んでもって!
 恋焦がれた愛しのバルジャンは、本当に素敵でしたぁ~
 もうもうもう大興奮です!
 甘い歌声は何とも言えずに艶っぽいのですよ。
 勿論バルジャンは、おじさん⇒おじいさん設定ですから、色気ムンムンでは困ってしまうのですが、『 こんなおじいさんとなら駆け落ちしちゃっても良いかも? 』 と思ってしまうほど色っぽいのです。
 昨年、トート閣下に感じたモノとは全く異質ではありますが、この男らしさを目の当たりにして、山口さんバルジャンの人気の意味を知る事が出来たように思えました。
 
 次に先日より妙にツボの石川さんジャベール。
 存在感のある歌声と厳しい表情に、本当にあの石川さんなの?と良い意味で今までの印象を一新して下さいました。(私の中の禅さんは良い人キャラ)
 私って本当はバルジャンよりもジャベールが好きなのかしら?
 
 笹本さんエポニーヌは、昨年よりも一層役柄を深められた印象を受けました。
 昨年も本当にお上手な方だなぁ~、と思っておりましたが、今回演技の端々に感じる悲哀が胸に迫りました。

 
 満員の会場に鳴り止まない拍手。
 オールスタンディングの客席には幸せそうな笑顔が溢れていました。
 ご出演の皆様、素晴らしい舞台をありがとうございました。
 
 
 
 アンサンブルキャスト&感想詳細は、後日サイトに掲載させていただきます。
 
 
 
[ 2007/06/17 23:15 ] 観劇記録 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。