スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

何かが違うと心が騒ぐ、しかし史実はかく語りき 

 
 
 
 
 
をぐり について探求する過程で、どうしても避けては通れないのが、藤沢のお上人のモデルでもある一遍聖人。

時宗の始祖であり、その生涯を 『遊行』 に捧げた人物。
ここ最近の私の愛読書は
『一遍聖人と聖絵(高野修・著/岩田書院)』
なのです。

「没後の事は、我が門弟におきては葬礼の儀式をととのふべからず。 野に捨ててけだものにほどこすべし。」(一遍聖絵より)

居を定めず、全てを捨て去り・・・「捨てる」と言う観念さえも捨てる

  屍は野に捨てよ。
  衆生が念仏する処を自身の跡とする。

はてさて・・・煩悩にどっぷりと浸りながら生きる私には、実践することは一生できそうにない。
何よりも女として鑑みると、捨てられる者の悲しみにばかりに囚われてしまう。
勿論、一遍の捨てるとは、そんな悲しむ心さえも捨てると言うことなのは私にも解る。

だか、理解したからと言って納得しているわけではない。
愚者である私には愛する心さえ捨て去ることはできない。
それができる者だけが聖人となり得るのだとしても、私には、できない・・・。


それは一遍を慕う人々も同様であった。

野に捨てろ と一遍が語ったその遺骸は荼毘に付され、信者達の手で丁寧に葬られた。



ある時、私は一遍についてのお詳しい方に、その疑問をお尋ねした事がある。

 「一遍自身は、それ(荼毘に付された事実)をどう思っていのでしょうか・・・もしかしたら、それさえも 『どうでも良い事』 なのでしょうか?」 と・・・

識者であるその方は、微笑を浮かべながら静かに仰った。

 「そうかもしれませんね・・・」

敢えて答えを曖昧なままにして下さったのは、その方なりの優しさ。
私のような人間には我執を捨てることはできないと、瞬時に見抜く見識を備えた方だったのだ。



私は人としてまだまだ未熟なんだなぁー。
歳だけ無駄に重ねてしまったのかもしれない。
しかし、転んでも只では起きない、未熟者なりの道を窮めよう!
・・・つぅ~事で、次回はこの話題に関連するお話for小栗でも綴ろうと思っています。


一代聖教みなつきて、南無阿弥陀仏に成り果てぬ

今宵は錦に彩られた夢に遊ぼう。
それは悠久の時の中、普遍の真理へと人々を導く。
現世の煩悩を暫し忘れる夢の中にこそ道は開けているはずだから・・・。
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト
[ 2009/06/28 01:22 ] 日記 |

オーヴァーチュアに乗って厳かな時が動き出す 

 
  
 
 
更に只今、BSでオペラ座の怪人放映中
 
 


 
もぉーーーーーっ!
ジェラルド・ファントム最高ぉーーーーーっ!



・・・あっ、村さんファントムも大好きでしたが・・・
 
 
 
 
[ 2009/06/25 21:22 ] 日記 |

音に溺れろ 

 
 
 
 
BSでJCSを放映中



・・・ああ、やっぱり好きだな

ちっとも古く感じないや

何より、映画版の見目麗しいジーザスが超好み

ごめん、俺、正直者だから面食いなんよ

 
 

 

[ 2009/06/23 21:15 ] 日記 |

だから、時には振り返る 




 
熱烈ファンモードに反省しつつ過ごす休日

定期購読している世界遺産のDVDを鑑賞した

前回、四巻目にして周回遅れと申し上げたが

既にF-1のコースを軽四でチンタラ走行状態

何より全五十巻をどこに収納するつもりなんだろう、自分・・・
 

20090621202858



そんなこんなで久々にまとめて三巻制覇(大げさ)

動物好きなので希少動物は外せない

あとは一度は行ってみたいモンサンミシェル、そしてパリ

・・・良い! スゲェー良いよ、このシリーズ、お勧めです、買ってね
(と、今更言っているあたり、どんだけ見てなかったんだって事で)

残りも近日中に見よう! と思った、きっと思っただけで終わるんだけど




いつか、舞台鑑賞からスパッと足を洗う時がきたら絶対フランスに行こう

ユゴーの愛した国だし、天使の名を冠した修道院は永遠の憧れだ

ああ、でも、オーストラリアも・・・ですよね?(へへへっ)

その日の為に、鈍った身体を何とかしなくては

何よりも、どんな辛さにも負けないだけの強い心を作っておかなければ

  でも今は・・・

感傷に浸るのではなく、小さな幸せをかみ締める為にこの場所に留まろう

そして、時には振り向こう・・・暖かく心を満たす思いを感じる為に






その魂の輝きが曇らぬように・・・と心からの祈りを込めながら・・・









[ 2009/06/21 21:24 ] 日記 |

流れ行く水のように 

 
 
 
 
 
ME AND MY GIRL なんですよね


月組の公演では大笑い&ホロリとさせていただいたが

まさかコッチに・・・と正直戸惑ってしまう

脳内には様々な状況が既に花組バージョンとして完成しつつある



7月はもうスグそこに・・・



以前・・・あれは全ツ・外伝の配役が発表された頃

女性の役を演じるにはそれ相当な時期がある筈だと申し上げた

果たして、今がその時期なのだろうか?



壮さんは与えられた役に正面から対峙し

ご自身なりの解釈を導き出す方だと思う

ベルばらでも役替りはご経験なさっているので

今回も何の心配もしていない



しかし



私は敢えて、『期待しています』 とは言わない

なぜなら、壮さんが壮さんとして演じる限り

それが私にとっては最高の配役なのだから・・・


尤も、壮さんの演じるジャッキーはパワフルで美しいはずだ

それは誰にも負けない程に・・・


 
 


[ 2009/06/19 00:12 ] 日記 |

燃え尽きた日々に別れを告げる為に、再び横山を訪ねようと思った 

 
 
 
 
先週、鎌倉→藤沢ルートを辿り、本日は極々近所


横山さん家の照手の姫様にもご挨拶
 
絵馬を奉納し願を掛けた御礼をさせていただかなければなりません

これをやり遂げてやっと私の中での五月(一部六月・笑w)が終わる


image2.jpg
四月よりも色濃い緑の葉は命の息吹を感じさせる



同じ道のりを歩く

その一歩一歩に全く違った感慨がある

大切に思える物、夢中になれる事がある

それがこんなにも心を満たしてくれる

・・・私は幸せなんだと思う



少し足を伸ばした遊歩道は相変わらず工事中だったが、来春には完成予定

その時にはもう一度、美しい姫の許を訊ねよう

春の日差しはきっと、日月の姫の微笑みのように暖かい筈だから・・・
 

image3.jpg
この森の向こうに目指す泉がある 今は届かなくても・・・







 


[ 2009/06/18 16:43 ] 日記 |

準備万端!死角なし 

 
 
 
 
 
三時過ぎに帰宅、こんなん作って遊んでみました
 
 
 
image0002.jpg

 
 
半年ほど先には放映になるであろう 『オグリ!』 の為のDVDデザインです

何回放送されるかは不明だが全て別のバージョンにするつもり

お衣装の色目を合わせたりすればあと10パターンは軽いぜ!

実はこんな妙なところに凝るんですよ、私

『あさき―』の分は頭の中将様の為に (ん?) 青海波を背景にした

しかし今回は気合の入り方が違うわけよ、ね

賀正Ver.に矢尻Ver.も忘れていかんな、うん!

んでは、製作に戻りますので、おさらばでございます
 
 
 
 

【追記】

現在、深夜二時

ここまでで製作したのは11パターン

特に気に入っているのが・・・

白い立涌の地紋の小栗様が死出の旅に出る際のお衣装Ver.

袖くくりの紐の色まで忠実に再現してみた、我ながら傑作だわ

しかし・・・眠ぃ・・・
 
 
 
 


 
[ 2009/06/14 19:01 ] 日記 |

(馬鹿) 力自慢と諸々の思い 





【その①】


無線LANだった

PCカードスロットに差し込む際に破壊した




グゥハァァァァァァーーーーー!

ここを修理するくらいならPC買い換えるわ

しかし、Windows98を2006年まで使った私としては

このままでは成仏させられない、あと5年は使うぞぉ~!




つぅーことで

極短 (1メートル) LANケーブルで壁に張り付きながらネット中

この不便さが病みつきになりそうな今日の真冬です
 
 

 

 

【その②】
 

某所にupされたポスターに胸が躍る

でも、何故かまだまだ・・・と諌める自分もいる

ホントにAB型って面倒な性格だ

手放しに喜べば良いのにね

でも、幸せの途中で突き落とされる現実は辛過ぎるから

今は貝のように心を閉ざしていようと思う
 

 

心配性だと笑ってください
 
 
 
 
 
 
  
[ 2009/06/13 17:15 ] 日記 |

名月院の 『青』 







image4.jpg




紫陽花の色は土壌のphにより左右されやすい

名月院の紫陽花は、「名月院ブルー」とも呼ばれる美しい青の花が多い
 
 
 
 
 
[ 2009/06/11 23:46 ] 日記 |

雨と紫陽花と御礼参り 

 
 
 
 
ただいま!

現在、S市は晴天です、梅雨どこさ行っただ?
しかし、早朝の北鎌倉はジャンジャン降りの雨でした
雨の中に紫陽花を愛でたい・・・とは思っていたが、ちょっと降り過ぎ
カメラの防水カバーを持っていないので、傘とカメラの両方を固定するのは辛い
それでも開門前に到着したのが幸いしてか
まだ人の少ない名月院をゆっくりと散策することができた

IMG_1052.jpg


その足で江ノ電を利用し藤沢へ

実は今日のメインは紫陽花ではなく遊行寺
こちらで花菖蒲・・・じゃなくて、長生院へ再び足を運ぶことだったのです
壮さんが熊野へ御礼参りに行きたいと仰っていたように
長生院(小栗堂)へ私なりの御礼を申し上げに行きたかったのです

 
 
 
 

[ 2009/06/11 16:19 ] 日記 |

雨にくもる窓の外、濡れた町が沈む 




雨乞いの舞は不要でした

見事梅雨入りした雨の休日

いざ、鎌倉へ
[ 2009/06/11 07:10 ] 日記 |

もし木曜日に雨が降ったなら 

 
 
 
 
鎌倉にでも出かけたいと思っている

雨の中に咲く紫陽花を愛でるつもりだ









しかし、混むんだろうなぁ~ (ーー;)






[ 2009/06/07 21:45 ] 日記 |

和三盆・・・ぢゃなくて和讃なのよ  『オグリ!~小栗判官物語より~』@日本青年館・其の三 

 
 
 
 
うん、和三盆を使った菓子ってのは高級っぽくて良いよね
甘いの好きくないけど、酒飲みだから・・・


・・・・ぢゃなくてぇ!

 今回のお題は和讃の中の小栗についてなのでありまする、るるるるるっと!
 いえね、↓の壱・弐が柄にもなく真面目っぽかったので疲れちゃったの。
 なのでいつものマイペースに軌道修正しようってすんぽうなのよ。

 和讃とは何ぞや?

 ・・・って、辞書引けやっ!!
 と言ったら怒られちゃうから簡単に説明すると、仏教の教えを七五調で詠じられたもので、それに独特の節をつければ御詠歌と呼ばれるのね、うん。 (自分でもなんとか消化しようとしている状態)
 和讃と言えば最もポピュラーで皆さんご存知なのは『地蔵和讃』でしょうか?

 ・・・えっ?知らない?
 そんなこたぁーねぇーよ、

  一重積んでは父のため
  二重積んでは母のため
 

 お馴染みの賽の河原のお話ですよ。
 さて、ではここで問題です。
 三重積むのは誰のためでしょーか?
 

 

 
 
[ 2009/06/06 22:37 ] 観劇記録 |

猛々しいほどに漲る力  『オグリ!~小栗判官物語より~』@日本青年館・其の弐 

 
 



≪今回は観劇感想とはちょっとズレてます・・・カタイよ、かなり≫




 『オク゜リ!』 開幕前に予備知識をつけるために様々な書籍を読み漁った。
 その一環として資料集めも兼ねて、藤沢市の教育関連の施設に問い合わせをした。
 そこで市内在住の歴史研究科のT先生をご紹介いただき、お話を伺わせていただいた事は、以前にも触れた。
 その際にT先生が

  伝承には力がある

 と仰った言葉が印象に残っている。

 史実は、あくまでも史実であり、それ以上でもそれ以下でもない。
 しかし、人々の記憶に深く印象付き語り継がれる物語には、それ自体に命がある。
 荒唐無稽であったり、史実を捻じ曲げたものであったとしても、その中には人々の願いが込められているのだ。
 小栗判官の物語が世に知られるようになるのは、鎌倉大草紙にまで遡る。
 これは康暦元年からおよそ100年間の関東地方の歴史を記した書物で、その上巻の中で応永三十年(1423年)小栗孫次郎満重の乱にその名を見ることが出来る。
 この書の中で小栗満重は敗戦の将であり、十人の家臣と共に三河の国へと落ち延びる際に、相州権現堂にて盗賊の一味に毒殺されそうになった時、照姫(照手姫)と呼ばれる遊女に助けられる。

 常陸の国の敗戦の将が二条の大納言家の嫡子となり、一遊女であったはずの照手が郡代の娘となる。
 通常の感覚では有り得ないほどの置き換えが、なぜ行われたのか?
 そこに説教節としての小栗判官の物語を読み解く鍵があるのだと思う。
 
 落武者が逃亡中に命の危機に晒され、同じように人生の苦渋を舐めながら生きてきた遊女に救われる・・・。
 そんな悲惨なだけの物語が人々の興味をそそるとは思えない。
 説教節の起源をここで語る気は毛頭ないが、近代芸能の祖の一つであったことは疑いようもない。
 ならば、僅かばかりでも御足を頂こうとする以上、聴衆の心を引き付ける何かが必要だったはず。
 さりとて、官位と言うステータスを持ち、毘沙門天の申し子と称えられる男が、千手観音のご加護を享ける国一番の美女と結ばれるだけでは、庶民には非現実過ぎて物足りない。
 ならばその二人を考えうる最悪の状況にまで追い込んでみてはどうか?
 恵まれた生まれの男を落ちるところまで落とす。
 国を負われ毒で殺され、地獄からなんとか地上に戻されてもその姿は既に畜生にも劣る惨めなものであり・・・そんな話に耳を傾ける当時の人々の顔が目に浮かぶようだ。
 


「いやぁー、因果ってのは恐ろしいもんだねぇー。 なぁ太夫、続きはどうなってるんだい? 勿体つけずに聞かせてくれよ。」

 
  ならば語って聞かしょうか・・・


『上野原を、うっ立ちて、日にち積もりて、見てあれば、四百四十四日と申すには、熊野本宮湯の峯に、お入りある。 なにか合図の湯のことなれば、十七日、お入りあれば、両目が開き、二十七日、お入りあれば、耳が聞こえ、三十七日、お入りあれば、はやものをお申しあるが、以上、七十七日と申すには、六尺二分、豊かなる、もとの小栗殿とおなりある・・・』
(東洋文庫・説教節/平凡社より抜粋)

 
  次なるは、摩訶不思議なる再生の物語。


地獄の底より這い出でて、漂泊の末に掴み取る未来を信じ・・・
漲る力の源は、眩しいほどの命の煌き。

あの時、舞台に立っていたのは、紛れもなく小栗だった。
語り継がれた年月と人々の思いが、大きな力となって溢れ出す。


時を越え甦りし伝説の頂点に輝く人を
私は決して忘れない・・・











タイピングしながらも恥ずかしくてしょーがねぇーよぉー!
オイラ基本はシャイなんだよぉー、本当は
 



[ 2009/06/06 22:13 ] 観劇記録 |

降り止まない雨はない 『オグリ!-小栗判官物語より-』@日本青年館・其の壱 

 
 

 
あの日、まだ冷たいこぬか雨の夜に消えていった背中を
再び雨の日に見送らねばならないのか・・・



目覚めた時、窓の外に広がる灰色の空を見上げながらそう考えていた
そして、その憂いのままに、振り出した雨を恨めしげに眺めながら時を待つ
千秋楽の余韻に興奮気味に語り合う人々の波の向こうに
静かに降り続く雨は季節の変わり目を告げる命の雫
それが解っていても尚、諦めきれない気持ちが胸を占める

  なぜなら・・・

あの人は笑って手を振っていたのだから・・・
満場の拍手が鳴り響く中、眩しいほどの笑顔が煌く
それは、様々な障害を乗り越えた者だけが見せる充足の表情だった
だから、
晴れやかな笑顔そのままに
澄み切った青空の下を堂々と歩いてほしかった
私にはそう願うことしか出来ないから・・・
そして、その思いはあの場に居合わせた人々共通の願いでもあった

  純粋に希う思いは必ずや聞き届けられる

それまでの雨が嘘のように止むと、雲の切れ間から日の光が差し込む

   目も眩むほどの日差しが
      雨に洗われた若葉に残る雨粒を
         宛ら金剛石のように輝かせる

それは奇跡であったのかもしれない

満ち足りた表情のまま手を振って去って行く人の姿は美しい
その端整な横顔が晴れやかにほころぶ
それは、
幾多の苦しみを乗り越えた者だけが得ることの出来る無上の喜びなのか・・・

   おめでとうございます

あなたが、あなたとして生きるこの時に、輝く光がふりそぞぎますように・・・






[ 2009/06/06 14:09 ] 観劇記録 |

恋患いと人の言う 

 
 
 
 
 
なんと申しましょうか・・・

オグリ!楽後の私は腑抜けておりまして

毎日、空を見上げながら溜息などを一つ、二つ・・・

折角の休日も録画している NOW ON STAGE を再生し続けていた



ダメだわ、これ!

身の置きようのないほどの喪失感で立ち上がれんがな!

暫くはこんな気持ちで日々を過ごしていくのかな・・・

この歳になって、これほどに心を焦がすことがあるとはね



まっ、これが最後の恋だろうから、せいぜい頑張ろう・・・と思います







[ 2009/06/05 00:17 ] 日記 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。