スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

このタイミングで使うんですね? 良いですね? 


 
 
 
 
では、行きます



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

とは申しましても、怒涛の後半ラインナップ発表の事ではありません
キャラメルの2009サマーツアーのお話なのです

『風を継ぐ者』 の大内厚雄さんが最上級の男っぷり
久々に私の中のノーマルな方の恋心がバックファイアを熾した感じです
もぉ絶対に拝見いたしますってばさ!

再三再四申し上げておりますが私の守備範囲はかなり広めです
国籍も年齢も性別も拘らない人間なのですが
そんな私にとってストライクゾーンど真ん中の男性が大内さんなのです
背格好もお声も演じる姿勢も、どれをとっても私の理想型
ミーマイと日程が被っているのが気がかりではありますが
壮さんは西の地においでですから少々の浮気心は・・・ゴニョゴニョ・・・

つぅ~ことで、皆様、夏のサンシャイン劇場にGO!ですぞ!



・・・しかしま、何か今年は日本物付いてるな・・・
 
 
 
 


スポンサーサイト
[ 2009/04/29 00:19 ] 日記 |

爽やかな風のような人 

 
 
 
 
安蘭けいさんのサヨナラショーと退団のご挨拶をCSニュースで拝見した
 
 
いつもながらのウイットに富んだ語り口が実に安蘭さんらしい
大変に頭の良い方で、宝塚のトップの中でも傑出した人物であったのだと改めて感じた

安蘭さんは爽やかな初夏の風のような女性だ
人知れず重ねた努力も、流した汗も、一切を包み隠して微笑む女性だ
だから、これからの人生の第二章も、安蘭さんらしく飄々と乗り切って行かれるだろう
いつかそんな安蘭さんの新たな舞台を拝見したいと、心からそう思った



そして、いつか・・・たぶんそう遠くはないであろう未来に
白い光の中に帰って行く人を見送る時
私は果たして冷静でいられるのだろうか?

そんな事を考える弱気の虫が私の中にも居たらしい
ポジティブキングさえも考え込ませる『卒業』って言葉は、ある意味最強なのかもしれない







[ 2009/04/28 01:20 ] 日記 |

心よりの感謝をこめて 

 
 
 
 
前回の日記で少しだけ触れましたが・・・


本日、藤沢を訪ねてまいりました。
藤沢市のT様のお計らいで、歴史研究家で遊行寺さんとも深い係わりのあるT先生にお話をお伺いする事ができました。
壮さんファンの皆様で原作を何冊かお読みになっている方はご存知でしょうが、小栗の本をお書きになった藤沢市に在住のS先生のお顔も、短時間ではありましたが拝見する事ができました。
突然の事でかなりミーハーな人間になってしまったかもしれません、反省中です。

伝承と史実、遊行歌舞伎、それぞれの地域との関連性等、本当に楽しいお話をお伺いする事ができました。
内容はこのようなおふざけブログでご紹介すること自体憚られますが、大変に充実した時を過ごさせていただきました。

私のような全くの素人に、貴重な時間を割いていただいたT先生、日時の打ち合わせで幾度となくご連絡を下さったT様、お出かけになる前のお忙しい時にお取次ぎ下さったS先生、皆々様のご好意に深く深く感謝いたします。



帰り道・・・とは言っても徒歩20分ほどの距離・・・に遊行寺に足を伸ばしました。
時宗の総本山であり一度は足を運びたいと思っていた場所で、これ幸いと山門をくぐりました。
聳え立つ大銀杏、咲き誇る花々・・・なんと美しい場所なのだろう。
藤沢に伺うに先立ち、1週間あまり一遍聖人関連の本で予習した甲斐もあり、そこここに興味を引く場所があります。
足を止めては眺めつつ1時間あまりを過ごしてから、目的の長生院へ・・・

その件に関しては、改めて例の場所に、近日中にupさせていただきます。



今はただ、彼の地を訪ねる事の出来た幸せを噛み締めたいと思います。


次は・・・横浜方面ですか・・・ね? (笑)





[ 2009/04/20 18:14 ] 日記 |

バタバタとしていますが 

 
 
 
 
周囲も自身もバタバタしておりますが、先ほど心配事が一つ解消してホッと一息



そんな今日この頃の真冬です

とある場所(サイト)にアップしていたレミゼの年表をプリントアウトしたところ
25枚に亘る長大なものであった・・・ビックリ!
これを職場内のスピーチの材料にしようと画策したわけなのですが
あまりの長さに職員一同に大ウケしてしまった・・・お笑い路線なのか、私は?

そんなこんなで、かなり偏執狂的性格を持つ私の現在のターゲットは

小栗判官と照手姫

なのであります
もちろん、壮さんが主演なさる事がきっかけだったのですが
現在は歴史的検証の方に興味が移行してしまいました(ゴメンナサイ)
読み物としての面白さもさることながら多種多様なストーリーに惹かれる
特に私の居住地域ではロミオ&ジュリエットばりの悲恋物として扱われる
数あるバージョンの中で個人的に気に入っているのは
文武両道の美青年・小栗小次郎と照天姫の純愛物語・・・これは良い

貸し出し禁止の資料を図書館で大量にコピーして持ち帰り
(資料のコピーは一部ずつは認められているのですよ)
現在、本と資料に埋もれて生活しております
近々、藤沢市にお住まいの歴史研究家の先生にお話を伺える事にもなり
探求好きとしては幸せの極致

・・・オイラ、職を間違えたのかもしれないな
 
 




[ 2009/04/16 15:34 ] 日記 |

生存確認はこの辺で 



ぼちぼちお出かけ中 (徒歩3時間)
 (画像スライドショー)
 
 
だらだら独り言
 (ちょっとした紀行文up)
 
 
 
[ 2009/04/11 21:48 ] 日記 |

巡りくる季節に思う 

20090402183118



ベランダで鉢栽培している吉野枝垂(ヨシクシダレ)が開花した
桜を鉢で栽培すること自体が珍しいのかもしれない
それでも比較的樹高の低い品種を選び植えつけたのが一昨年の冬

そして、今年初めて数輪が開花した
10階の強風や極度の照り返しにも負けずに咲いた花だ

実はこの花は、亡くなった母の為に購入したものだった

いつの日か、足も弱り花見に出ることも儘ならなくなったら
窓の外に咲く花を愛でてほして・・・
そんな思いで栽培を始めた


結果、母は初の開花を目にすることもなく逝ってしまった


暖かな日差しの中開いたその花は
見慣れたソメイヨシよりも更に淡い淡い色で…
見つめる私の目から、不覚にも涙が零れた




[ 2009/04/09 01:11 ] 日記 |

今度はエジプトだったらホイ♪ (タイトルに意味はない) 

 
 
 
 
基本的に面倒くさい事が嫌い
 
なので継続する事に他の人以上の努力を要する



何が言いたいのかと思われます?

ジャン! これよこれ!
 
 
20090406000548.jpg



この手の週刊 (隔週刊) のシリーズ物を買い初めても

大概が三~四週分買ったところで飽きてしまうのです

その最大の理由は 『毎週買いに行くのが面倒』

なので今回は考えた、定期購読しちゃえば良いのよ!
 
これって画期的、労せずして自宅に届くのよ! (そんなでもない?)



しかし、キッチリ届けば届いたで別の問題が生じる事が判明した

それは、ジックリ見ている時間がない事なのです
 
1・2・3巻(本)目を見る前に、4巻が到着してしまったのです
 


あいやぁ~、困ったアルねぇ~
 
既に今から周回遅れ状態です
 

でもま、4巻はスグに見ますよ、エジプトだし・・・
 
昨年の夏の恋人を思い出し、甘酸っぱい感傷に浸ろうって寸法なのよ

では、皆様、ごきげんよう!
 

 
 
※注・このDVDにエジプト太守の次男坊は出演していません※







[ 2009/04/06 00:19 ] 日記 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。