スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

新宿は遠いよ 

現在、阪急宝塚線乗車中。

梅田から夜行バスで明朝に新宿着予定。

なんつぅ~か慌ただしい(-_-;)

しかし、明日は休めないのです。

はぁ~、ボロボロで仕事する明日の自分が目に浮かぶ。
スポンサーサイト
[ 2009/01/24 21:25 ] 日記 |

正しく美しき人よ 

 
 
 
OGエンターテイメント TV NAVI ♯40 今夜初めてチェック

 (既にこの段階で世間様から乗り遅れ?)


・・・・・・いやぁ~ん、石丸さん! 
 
宝塚的にはOGさんメインなのでしょうが

個人的には久々の石丸幹二さんにホニャッとなってしまうのです

なんつぅ~かさ、四季にも美形は居る(居た?)って事なのよ

舞台で存じあげていた頃よりも少しだけマイルドなその表情に

何だか乙女心が動き出す

しかし、公演は3月からシアター・クリエ

嗚呼、目と鼻の先に通いまくっているのに

石丸さんの晴れ舞台を拝見できないなんてぇ~!! 

  ・・・

  ・・・

  ・・・観ちゃおうかな?

いや、いかん、いかん!

ごめんなさい、石丸さん、私は愛に生きるのです!
 
 
 
 
と、思ったら

4月も公演なさるんじゃないですかぁ~
 
もぉ~、行きます、行きます、必ず拝見いたしますよ
 


季節は春

あの甘い歌声と見目麗しいお姿を思い描きつつ、その日を待ちましょう







[ 2009/01/18 02:52 ] 日記 |

+α に心惹かれる 

 
 
 
 

大長老プルキル様は3パターンの出で立ちで登場します
 
 
  
   神話時代の若き野心家プルキル

   2千年(根性で・笑)生き続けた老人プルキル
 
   妖術で若作りしちゃってる偽商人プルキル
 
 
・・・な、ワケです

どのプルキルさんも良いです

しかし、最も美しく妖しげなのは阿佛蘭寺でのプルキルさん
 
・・・あっ、爺ちゃんに変わる前よ、前!

火天会の巫女に護られるハレム状態のプルキルさんの

髪を下げたバージョンがなんとも麗しいのです



思えば、源義経に扮した記事での壮さんの美しさにビックリしたっけ

舞台を拝見しながらそんな事をチラッと考えたりしたのよね



そうしたらさ・・・

オグリ!ではどんな美しい壮さんにお目にかかれるのかしら?

嗚呼、目福だわぁ~!
 
出来るならビシッと決めた服装だけではなく

毒を飲まされてもがき苦しむシーンとかもお願いします、木村先生
 
壮さんには滅びるものの美が似合うはずよ、絶対に!
 
 

あらっ?

ちっとも観劇感想ではないじゃない

まっ、良いか

私は美しいものが大好きなのだもぉ~ん!!
 
 
 
 
 


[ 2009/01/08 21:33 ] 観劇記録 |

立ち止まりたい心と流れていく時間と 

 
 
 
 

先日、とあるお方に照手姫伝説についてご教授頂く機会があった

今日、久々にお目にかかったところ

市の博物館に資料があるだろうから覗いてごらん・・・とお教えいただいた



動機はちょっと・・・いや、かなり不純ではあるが

今は資料を読んだり調べたりするのが楽しくて仕方がない



黒い壮さんにドップリと浸りたい心とは裏腹に

確実に近づきつつある5月に思いを馳せる自分がいる



人の欲望は本当に底知れない

次の・・・そして、その次の・・・新しい壮さんを拝見したいと思う

今年一年は壮さん中心の年になるんだろうなぁ~ (嬉しいけど)

まずは手元に収集した分の資料を取りまとめてみますか・・・








[ 2009/01/06 22:15 ] 日記 |

気分は火天会士 

 
 
 
  

夢現に訪れる残忍なその面影よ・・・ 





今だから正直に申しますが

壮さんの悪役にここまでの期待をしてはおりませんでした



・・・グッ!

今、全国の壮さんファンの皆様のお怒りが爆発するのを感じた・・・かも

んでもねぇ~、あの扮装であそこまで美しい人って他に居ます? ねぇ居ます?

誰があれほどの悪役を想像しましたか?

やってくれました、やってくれましたよ壮さんは!

もぉさぁ、我が子の立身出世を誇らしく思う母の気分です、私は



 
 
 
≪ここからは少々辛口かも?≫




[ 2009/01/03 12:05 ] 観劇記録 |

舞台の神が降り立つか? その前に舞台写真が楽しみだと言っておく 

 
 
 
 

深夜に帰宅後現在までHDD内の録画編集に躍起になっていた真冬です



太王四神記 1/1&1/2 計3公演を観てまいりました

各方面の評とは概ね私も同意見です

あの長い物語をよくぞここまで纏め上げてくださいました・・・と、

劇場内で拝見した小池先生のお背中に深々と頭を下げさせて頂きました



そこで、私が申し上げるべき事はただ一つ

壮さんのプルキル大長老は良いです

現行で 『最高!』 とまで申し上げられないのは

まだまだ手探りで試行錯誤を繰り返しておられる様が時折見受けられた為

勿論、それは壮さんだけではなく他のご出演者の皆さんもご同様

作品は板の上に乗ってナンボ・・・ですからね (口悪くてすんません)



燦然と輝く 『光』 をより際立たせるのは 『闇』

ならば・・・

プルキルは、もっと狡猾に・もっと粘着で・もっと遠慮せず

壮さんが思うままに演じれば良い・・・

きっと東京までには更なる進化を遂げておられる筈だ

その時、舞台の神は彼女にどんな悪役を演じさせるのだろうか?


      闇に閉ざされた孤高の華が咲く・・・強く、そして美しく・・・







・・・て事で、壮さんファンの皆様、ご期待下さい!!

しかし、舞台写真にあの爺ちゃん写真はあるのか?

気になってしょうがないんですけど、あとポストカードも・・・ケケケッ






[ 2009/01/03 12:00 ] 観劇記録 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。