スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

なにもそこで差し替えなくてもさ・・・  『 エンター・ザ・レビュー 』 





悲劇ってのは突然にやってくる



何故にニュー・オリンズの部分が差し替えなの?

壮さんが楽しそうで生き生きしていて良い場面なのになぁ~



・・・とかね、それ以外にご活躍のシーンが山ほどあるのに

人間って本当に贅沢だよねぇ~



舞台では壮さんばっかり凝視していたので

他の出演者の皆様の動きが分からなかったけど

こうしてDVD化されると周囲との位置関係や絡みなど

改めて発見する部分も多いのよね

特にウナモールが無茶苦茶ステキだったわけ

真飛さんとの対比が美しいったらもぉ~!!

お2人のキャラや特性を見事に捕らえた演出だなぁ~

と、感心する事しきり・・・



差し替えの悔しさは来年(?)のCS放送に期待するとして

暫くは美しい影の人にトキメキつつ、新しい年に思いを馳せましょう
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
[ 2008/12/16 23:49 ] DVD鑑賞日記 |

暴走注意 『 外伝・ベルサイユのばら-アラン編- 』  

 
 
 
 
 
※暴走注意※





いやぁ~~~~、良いっすねぇ~~~~!!

もぉ、阿呆程観まくってしまいました、更に現在も再生中

VHSのテープだったらとっくに画質が低下しちゃってると思うよ、うん
 


アラン編だからして、勿論アラン(真飛さん)が主役なの
 
それは言われなくってもよぉ~く解っているのよ、私だって
 
しかぁ~し、アンドレは存在感ありありの濃ぉ~いキャラで目立つ目立つ
 
あぁ、私だけなのかしらこの感覚・・・
 
あまりにもベルばら過ぎて、恥ずかしくなっゃう程のその演技
 
良いよぉ~、やっぱ壮さん最高です!!
 


ご登場シーンは全部好き

だからどこが一番などと決められはしないのですが

密かに嬉しかったのはユリカーテン前でのオスカルとのワン・シーン
 
愛音さんオスカルが 『反省反省』 とカワイイ台詞を仰っている傍らで
 
闇が迫る我が目に右手を翳す渋い演技をキチンと抜いているのが最高!

嗚呼、編集様ありがとうございます

ココは舞台でも必ず凝視していたんですよ
 
壮さんが演じるアンドレの影とは

台詞以外のこんな仕草にも滲み出ているんですよね
 
 

ファンのファンによるファン・モードの独り言ですから

第三者的にご覧頂けば 『なんじゃコイツ・・・』 なのでしょうが
 
愛ってのは、いつも・・・どんな時にも人を盲目にするのであります、はい

 
 

私にとっては 『 外伝・ベルサイユのばら-アラン編- 』 と言う作品は

心のアンドレ編 なのでありました

 
 
 
 
 
[ 2008/12/14 22:57 ] DVD鑑賞日記 |

差し替えってストレス溜まります @ Red Hot Sea (DVD) 

 
 
 
 
 素朴な疑問なのだが、端っから著作権云々の曲は使わないでいただけないのでしょうか?
 
 と、テレビの前で感じてしまった休演日の私。
 壮さんアングルでしか観てていなかったDVDを、本腰入れて鑑賞しているわけなのですが・・・。
 
 これがまたストレス溜まるんですよ。
 問題のシーンは例の楽曲差し替えになっている中詰部分でして・・・いやぁ~、なんつぅ~か苛っとしちゃいます。
 編集にも苦労している感がアリアリですもんね・・・。
 本当に変更になって良かったっす!
 
 つぅ~か、初っ端のお魚ダンスから差し替えって・・・ほんとにどうなのよ?
 もぉ~、早くCSで放送してください!!
 
 
 
 ご自身では謙遜 (かな?) なさっておられましたが、エトワールは素敵です。
 欲を言えば銀橋に真飛さん&桜乃さんがおられる時に、薄暗い大階段を降りるシルエットが美しいのでココも入れて頂きたかった・・・なんてキリがないか・・・へへへっ!
 
 
 
 では、明日も目指せ日比谷へ!
 身体が少々悲鳴を上げている感も否めないが、気のせいだと思っておきましょう
 舞台で演じる方々は、もっともっとキツイ筈なのだから・・・
 
 
 
 
 
[ 2008/08/13 12:56 ] DVD鑑賞日記 |

ROUTE 9 

 
 
 
久々にクーパー捜査官に会いたくなった
 
しかし、クーパー捜査官との逢瀬には時間も根気も必要になる 
その為今回は手っ取り早く別の作品で彼の片鱗に触れてみる事にする

 
今回選んだのは、デビット・マッケイ監督の1998年作品

ROUTE 9 です




[ 2008/05/10 19:46 ] DVD鑑賞日記 |

愛は波のように  『メロランコリック・ジゴロ/ラブ・シンフォニーII』 四 

 
 
 
     絶え間なく打ち寄せる波の如く
     あなたへの想いは募る
 
 
 
 そろそろ私の眼球が悲鳴を上げつつある。
 しかし、耳は元気なので音だけでも聴いていようと思う。
 でも・・・コレだけ観続けていて全く飽きない自分が怖い。
 
 な・の・で
 
     本日も熱く語るぜぇ~!
 
 
 
 
[ 2008/05/05 12:32 ] DVD鑑賞日記 |








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。